Group 1344.png

探究学習を充実させる

子どもたちの意欲を引き出し、
高めるシステム

水玉背景.png

「探究学習」×「社会とのつながり」

生徒が探究の最後に行うべきなのは、まとめて発表することです。
もしアウトプットがなければ、せっかくのインプットも消化不良で終わる可能性があります。


生徒の学びを実りあるものにしたり、学びに区切りをつけるためにも、発表する機会が大切です。

STEAMライブラリー構築事業者"StudyValley"のTime Tactだからできる!

探究学習 + 社会との接続

社会(企業)からの

フィードバック機能!!

Group 1346.png

社会と接続することで、探究学習をスムーズに!

背景.png

教育を変革し
100年後の世界をかにする

今までにない新しい価値を持つ教育の仕組みを創造し、子どもたちに学習の楽しさを知ってもらい、主体性、自立心を養います。

スタディバレー独自のシステムを通じて教育環境の充実に貢献し、社会との調和ある発展を目指します。

sdgs.png

株式会社StudyValleyは持続可能な開発目標(SDGs*)を支援しています。

*SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の省略で、2015年9月に国連総会にて採用された、2030年に向けて極度の貧困、不平等・不正義をなくし、私たちの地球を守るための目標。

Study Valleyは2020年1月創業のEdTechベンチャー企業。
 
AIを活用したAdaptive Learningや、独自開発検索エンジンアルゴリズムによる勉強特化検索エンジンの開発、経済産業省「STEAMライブラリー」(※1)事業のプラットフォーム構築事業者です。 
 
創業後わずか数ヶ月で経済産業省からSteam Library業務を独占委託されました。
 
(※1)「STEAMライブラリー」は、経済産業省がSTEAM教育を推進・確立していくために始めた新プロジェクトです。
https://www.steam-library.go.jp/

パワポ図.png

なぜ」勉強するのか、に
     徹底的に向き合う

どんなに優れた教材や講師、AIよりも、本人のやる気=「なぜ」勉強するのか、が重要だと当社は考えています。
 

短期的なモチベーションと中長期的モチベーションを両支えする仕組みを社会と接続することで実現します。

なぜ勉強?図.png

STEAMライブラリーのご紹介

2020年10月より経済産業省「未来の教室」にてスタート。
2022年度より開始される
探究学習向け題材ライブラリー。
2021年2月に先行リリース、3月に一般公開されました。

screencapture-steam-library-go-jp-about-
screencapture-steam-library-go-jp-2021-0
screencapture-steam-library-go-jp-2021-0

コンテンツ概要ページ

screencapture-steam-library-go-jp-conten

コンテンツ詳細ページ

screencapture-steam-library-go-jp-lectur

SDGsをベースとした社会課題に対して、STEAMのアプローチで探究学習を進めるコンテンツを用意

screencapture-steam-library-go-jp-2021-0

さまざまな社会課題

=

screencapture-steam-library-go-jp-2021-0
screencapture-steam-library-go-jp-2021-0
screencapture-steam-library-go-jp-2021-0
screencapture-steam-library-go-jp-2021-0

課題の深堀り

​身近な課題の研究

=

​〈動画やPDF教材〉

探究

スクリーンショット 2021-05-31 11.37.08.png

飛行機の燃料とCO2

スクリーンショット 2021-05-31 11.40.05.png

髪の長さの計算

ロゴ.png

Time Tactによる
STEAM教育の弱点補強

社会接続性をテクノロジーで担保することにより、インプットだけでなくアウトプット機会を創出

社会からのフィードバックが受け取れる、Blockchainを活用したサービスの提供(特許出願中)

スクリーンショット 2021-05-31 15.55.16.png

学習管理システム

スクリーンショット 2021-05-31 16.08.25.png
Group 1346.png

社会(企業)からのフィードバック

大手企業などからの『いいね!』や『コメント』がもらえることで生徒のモチベーションUP

STEAM教育・PBL(プロジェクト型学習)のメリット

​生徒のモチベーション観点:
数学なんて社会に出ても使わないでしょ

燃費の計算

図1.png

​科学知識と機械工学の融合
何か学校の難しそうな数式

科目学習が
目的化される

数学の知識が必要
物理の知識が必要
​科学の知識が必要

バイオハイブリッド

図2.png

英語の文章を読んで内容を正確に理解したい

=

目的

難しい英語の文章

英語学習の必要性を理解

受験科目観点:

受験準備の方が優先順位が高く、

探究をやっている場合ではない

 

論点→学校(特に私立)ではKGIが有名校進学率となっており、受験科目との相関が必要

スクリーンショット 2021-05-31 14.55.41.png

・タイムタクトで解決できる!!

STEAM教育・PBL(プロジェクト型学習)のデメリット

プロジェクト型学習では、教員はTeachingよりもCoaching/Facilitationに徹する必要がある(経験がない)

 

教員に馴染みのないテーマであることが多く、また探究の性質上手戻りにより一定以上の成果が出ない可能性がある

スクリーンショット 2021-05-31 15.12.43.png

①教員心理的ハードル

②評価難易度

校内での評価では限界がある

教員のケイパビリティでカバーしきれない部分がある

Ex)ネット検索

打ち手が必要

Time Tact利用により、
学習と認知を最大化

理想的な構図

最大の期待値

ロゴ.png
スクリーンショット 2021-05-31 16.25.47.png

①先生の実証事業との他校への参考例

①事例動画の制作・公開

3.png
Group 1346.png

社会接続

②生徒のアウトプット評価

②限定公開により社会評価・フィードバックの獲得

STEAMライブラリー
連携イメージ

生徒アカウントでは探究成果のまとめを作成することができます

Google Classroom利用の場合には、Google Classroomからドキュメントのインポートも可能です

12.png
Group 1323.png

作成した成果物の一覧や下書きとして、1単元で終わらない場合でもリモートで提出が可能

Group 1351.png

文章や写真、動画を入れ込むことで、単に知識をまとめるだけでなく、相手に伝わりやすいアウトプットの仕方、も追求できます

13.png
14.png
Group 1323.png

事業会社から実際にフィードバックを各アウトプットごとに受け取る事が可能です

教員および企業からの
見え方イメージ

◉ 教員は事前に生徒のアウトプットのレビューが可能

 

◉ 提出先企業の選択も可能(企業一覧から)

16.png

企業提出前に担当教員が内容を精査した上で提出することも可能です

17.png

提出先に選定された企業はTimeTact上から随時評価することができます。氏名等は伏された状態になります

11111111.png

社会からのフィードバック機能で探究学習を充実させましょう

Group 1176.png